有料の転職エージェントは存在する?無料のエージェントとの違いについても解説!

公開日:2022/10/15  最終更新日:2022/09/20


転職エージェントと呼ばれる有料職業紹介事業所は、2020年では2万5,684か所にのぼります。基本的には求職者が料金を支払って、就職支援をサービスとして行いますが、実際に有料の転職エージェントはあるのでしょうか?ここでは転職支援サービスの無料と有料の違いについて整理し、転職エージェントの活用についてお伝えします。

有料の転職エージェントは存在する?

転職エージェントの概要

結論からお伝えすると、転職エージェントで有料のサービスを行う会社はありません。転職エージェントとは、求職者と求人企業の間に立ち、求職者の就職と企業の採用を斡旋する就業支援サービスのことです。就職が決定された際、求人企業より報酬として手数料を支払われるシステムで、求職者からの報酬はないことが特徴です。

有料の転職支援サービス紹介

転職エージェントでは有料のものがないことが分かりました。では、転職エージェントではない転職支援サービスで有料となるものは何があるか、いくつかご紹介しましょう。

ビズリーチ

上場企業などのハイクラス企業から直接スカウトが届くシステムのビズリーチは、基本料金が無料で利用が可能です。しかし無料会員の場合、閲覧できる求人が限られています。一方、有料会員であれば、求人の閲覧権限はないうえにスカウトの受信がすべての企業から届くことが特徴です。

マジキャリ

マジキャリのサービスの特徴は、自身のキャリアの棚卸しに特化していることです。専門のコンサルタントがコーチングから自己分析、キャリアデザインまでサポートしてくれるため、転職というターニングポイントを有意義に行えます。初回無料なので、一度登録しコーチングを受けて考えてみてもよいかもしれません。

日本キャリア・コーチング

こちらもキャリアデザインに特化しているサービスで、転職の面接のトレーニングなども行ってもらえます。また「リーダーシップ塾」や「昇進昇格塾」などの塾も設けており、転職だけにかかわらずその先の働き方にもアプローチする支援が魅力的です。

無料の転職エージェントの具体的なサポート内容

それではこれより、無料でサービスを受けられる転職エージェントではどのようなサポートがあるのか見ていきましょう。

求人情報の提供

言わずもがな、転職エージェントは求職者に求人情報を提供してくれます。中には、優待遇な求人内容のものもあり、それを目当てに転職エージェントに登録する人も少なくありません。

履歴書と職務経歴書の添削

転職エージェントでは、履歴書と職務経歴書の添削もしてくれます。新卒の就職活動では、学校で履歴書の書き方を教わりましたが、転職におけるそういった助けになる存在が転職エージェントです。

企業との連絡斡旋

求職者と求人企業を斡旋する転職エージェントは、求人への応募や面接日程の調整も行います。選考結果の連絡も、転職エージェントを通じて知ることになるので、私たち求職者と応募先の企業との橋渡しともいえます。

自身のキャリアの棚卸し

転職エージェントとの面談では、履歴書と職務経歴書をもとに今後のキャリアについて話をします。自分では気づいていない強みを知ったり、これまでのキャリアを通じて今後どのような仕事に就くかのキャリア形成を面談を通じて引き出したりしてくれます。自身のキャリアの棚卸しも、転職エージェントが手伝ってくれるのです。

転職エージェントを上手に活用するコツ

さまざまなサポートをしてくれる転職エージェントですが、ただ受け身の状態だけではもったいないです。転職エージェントで支援を受ける際、上手に活用するコツをまとめました。

求人の食わず嫌いをしない

せっかくの転職の機会です。いろいろな求人を見てみましょう。事務職希望の人は、事務職のなかでも経理や総務などの管理系もあれば、営業事務などの営業部門に携わる事務もあります。営業希望の人も、インサイドセールスやルート営業、新規開拓営業など幅広くあります。こだわりすぎてしまうと、自分に合った企業や仕事にたどり着けなくなる場合もあります。求人は幅広く提供してもらい、いろんな企業や職種に関心を持ちましょう。

自分のことは包み隠さず話す

転職エージェントはあなたのよさや個性を見て、より適切な求人を探そうとしてくれます。こちらもよりよい求人を提供してもらうためにも、協力的にならないといけません。自分のスキルやできることを伝えることはもちろん、苦手なことややったことがないことを伝えることも大事です。ぜひ、転職エージェントには自分のことを充分理解してもらったうえで、サポートしてもらうようにしましょう。

2社掛け持ちする

転職エージェントは1社に絞らないほうが好ましいです。企業は、必ずしもすべての転職エージェントで求人を依頼しているわけではありません。そのため、1社だけ支援を受けていると選択肢が少なくなり、よい企業の求人にたどり着けなくなる可能性があります。面談調整など大変ではありますが、複数社掛け持ちで転職エージェントを利用すると、より広い視野で転職活動ができます。

まとめ

転職エージェントは基本的に無料でサービスを受けられるので、うまく活用して支援してもらうようにしましょう。また、有料の就職支援サービスでは、どのサービスも、初回無料や登録無料であることが多いので、一度お試しに登録してみてもよいかもしれません。人生の大切なターニングポイントとなる転職を、転職エージェントやサービスを通じて有意義に行いましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

転職エージェントと呼ばれる有料職業紹介事業所は、2020年では2万5,684か所にのぼります。基本的には求職者が料金を支払って、就職支援をサービスとして行いますが、実際に有料の転職エージェン
続きを読む
今の転職活動には欠かせなくなっている転職エージェントですが、良いエージェントに出会うためにも、何社か並行して話をしてみたいですよね。一度連絡をすると、必ずサービスを受けないといけないのでしょ
続きを読む
転職をしようと思い、いざ転職エージェントとの面談予約をしたことは良いものの、転職エージェントとの面談でどのような服装にするか悩んでいませんか?面接ではなく面談となると、余計に頭を悩ませてる人
続きを読む