転職エージェントへのお礼は必須?お礼メールを送る際のポイントも解説!

公開日:2021/12/15  最終更新日:2022/03/03

人生の転機となる転職活動を内定前~内定後までサポートしてくれる転職エージェント。転職エージェントの担当者に「内定を取れたお礼」や「企業と面接できたお礼」などを伝えるべきか考えたことはありませんか。当記事では、転職エージェントへのお礼の必要性からお礼をするコツ、お礼以外で関係構築できるコツをまとめていきます。

転職エージェントへのお礼は絶対ではない

結論から申し上げると、「転職エージェントへお礼のメールや電話はしなくてもよい」です。もちろん、転職エージェントのキャリアアドバイザーは人なので、求職者から「お世話になりました」とお礼をもらえると嬉しい気持ちになりますが、あくまでお礼を送るかどうかは求職者の任意となります。

実際にキャリアアドバイザーは、面接後や内定承諾後に、しっかりとお礼のメールや電話をする求職者は少数であると考えています。言い換えると、サービスを提供しても求職者からお礼はなくて当然と考えているので、お礼をしなくても選考に悪影響を与えることはないでしょう。

また、同時に「面接をしてもらった応募先企業へお礼のメールや電話はしなくてもよい」です。もし応募先企業にお礼を伝えたいときは担当のキャリアアドバイザーを経由して伝えるようにするとよいです。

面接後は転職エージェントと応募先企業との間で情報交換が行われ、その際に感謝の気持ちを伝えてもらうことで、応募先企業によい印象を与えることができます。もしかしたら選考結果にプラスの効果をもたらすこともあるでしょう。

もし転職エージェントや応募先企業にお礼をしたい場合、メールで送るのが妥当です。そこまで緊急性のあることでもあないため、採用担当者やキャリアアドバイザー等が隙間時間にチェック可能であり、求職者も負担の軽いメールの形で行いましょう。

転職エージェントへお礼メールを送る際のポイント

「お礼を送る」と決めた場合、どのような点に気を付ければよいでしょうか。以下でポイントを整理していきます。

お礼を送るタイミング

一般的に「①転職エージェントのキャリアアドバイザーとの面談終了後」「②応募先企業の面接終了後」「③転職エージェント経由で内定が決まり転職活動を終了する時」のタイミングが最適解になります。上記①~③いずれのタイミングにおいても早めにお礼を送ることが重要です。

とくに応募先企業に転職エージェント経由でお礼を送る際、当日中に送ることを心がけましょう。転職エージェントに対しても早めにお礼のメールを送ることで、よい転職案件を募集開始と同時に案内してくれたり、内定後の丁寧なフォローにつながったりする可能性があります。

お礼メールの内容のポイント

まずは転職エージェント経由で応募先企業に送るメールは「①忙しい中面接していただいたこと」「②自分のキャリアを踏まえ、入社意欲が高まったこと」を内容に盛り込みましょう。

続いて転職エージェントに面談後や転職活動終了時に送るメールは「①忙しい中面談していただいたことに対するお礼」「②面談を通じて勉強になったこと、実際にアクションに移そうと思えたこと」をしっかり伝えましょう。

いずれの場合もお礼メールテンプレートを参考にするのは構いませんが、抽象的な内容であれば逆にマイナスの印象を与えかねないので注意しましょう。あくまで自分の率直な気持ちを伝えるのが大事です。

転職エージェントとお礼以外の方法で良好な関係を築く方法

ここではお礼を伝える手段以外で、転職エージェントと良好な関係を築くポイント3つにまとめます。転職エージェント経由で転職活動を行う際、最低限これだけは行ってほしい内容となっています。

社会人として「常識」を守る

面接日程を忘れない、面接時間に遅れない、挨拶や言葉遣いをしっかりするといった社会人1年目から口を酸っぱくいわれることを転職活動の場でも徹底して守るということです。仮に業務で転職エージェントとの面談や応募先企業との面接に遅刻しそうな場合、電話連絡をするといった先方への配慮も当然必要です。

自分の経歴や転職活動の想いに嘘をつかない

つい自分をよく見せるために履歴書や職務経歴書等で盛ったり嘘をついたりしたい気持ちになりますが、絶対にやめましょう。場合によっては「即解雇」につながる恐れもあります。

また、「自宅から30分以内で通える」「年収を100万円以上アップしたい」など、転職活動をするうえで達成したいことは率直に転職エージェントに伝えましょう。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは求職者の「広報担当者」として動いてくれるため、よいことも悪いことも率直に共有し、作戦を練り遂行していくことが「後悔しない転職活動」につながります。

転職意欲をしっかり見せる

転職エージェントもボランティアではないので、やる気のない人をサポートするよりやる気のある人を優先的にサポートすることで「紹介料」を得ようとするインセンティブが働きます。そのため求職者は転職への熱意や転職可能時期をしっかり伝え、「自分は転職活動をサポートしてもらう価値がある」ことを認めてもらいましょう。

 

お礼は強制的ではなく任意ですが、送られて嫌な人はいません。また、お礼以外にも転職エージェントや応募先企業とよい関係を築く方法はあるため、自身の転職活動成功に向け、できることはすべて行いましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

今の転職活動には欠かせなくなっている転職エージェントですが、良いエージェントに出会うためにも、何社か並行して話をしてみたいですよね。一度連絡をすると、必ずサービスを受けないといけないのでしょ
続きを読む
転職をしようと思い、いざ転職エージェントとの面談予約をしたことは良いものの、転職エージェントとの面談でどのような服装にするか悩んでいませんか?面接ではなく面談となると、余計に頭を悩ませてる人
続きを読む
株式会社 名大社 住所:愛知県名古屋市中区栄2-3-1名古屋広小路ビルヂング16F TEL:052-220-3588 ジモト転職エージェントは、愛知県をはじめとして岐阜県、三重県に地域密着型
続きを読む